ロタウイルスの効果的な消毒方法

除菌スプレー

市販の除菌スプレー、次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)を使用してみましょう。ロタウイルスだけでなくほかにも様々なウイルスの予防にもつながります。スプレードアノブなど共有の場所はこまめに消毒をしておきたいものです。もしくは次亜塩素酸ナトリウムを主成分とした塩素系漂白剤、ハイターやキッチンハイターなど(ワイドハイターは酸素系なので×)、で消毒液をつくるという手もあります。食器のつけ置きなどにも使えます。濃度は0.02パーセントです。空の2Lのペットボトルに半分ほど水を入れ、4mlのを入れてさらに水を加え満タンにし完成です。






吐いたものはどうやって消毒する?

消毒液をペーパータオルに浸し軽く絞り、もしくは除菌スプレーでぬらし、嘔吐物の上にかぶせます。この際、嘔吐物の周りもしっかり消毒するようにします。そして嘔吐物を包み込むようにふき取り袋にいれ密閉します。消毒の際に装着していたエプロンやマスクなども袋に入れて廃棄するようにしてください。そして注意してほしいのがその後です。乾燥し嘔吐物が空気中に舞い上がるために換気をしっかりしなければなりません。それを吸い込むと感染してしまいます。

布団や洗えないものについたロタウイルスの消毒

布団に嘔吐した場合は洗濯も消毒も難しく困ってしまいますよね。消毒方法としては汚れている箇所に0.02%の除菌スプレーを吹きかけボロ布などで拭いてから日光に当て乾燥させることです。さらにスチームアイロンなどを使い殺菌する必要があります。しかし天候が悪ければ外に布団を干すこともできませんし、布団は病気の間使用するもの、出来るだけ汚さないようにすることが大切でしょう。例えばおねしょシーツやペットシートで布団の汚れを最小限に抑えてくれる場合があります。試してみると良いですね。

ウイルスがついた洗濯物はどうやって洗う?洗った後、洗濯機は掃除するべき?

洗濯器
ウイルスがついてしまった場合、まず最初に0.1%の消毒液をスプレーし、キッチンペーパーなどで嘔吐物を処理します。これはウイルスが飛び散らないためで、その後バケツに0.1%の消毒液を入れて10分くらい服をつけ置きしておきます。しかしなかには消毒液が使用できない衣類もあるでしょうから、その場合、鍋にお湯と衣類を入れ、沸騰させると良いです。一分以上を目安にしてください。次に洗濯機で洗います。すすぎを念入りに行い、乾燥機など高温で乾かすとよりよいとされています。ちなみに使用したバケツや洗濯槽は0.02%の消毒スプレーを吹きかけます。